経営・人事

上場企業に学ぶ!アウトソーシングできる業務

  • LINEで送る

 

 

なぜ、アウトソーシングするのか

経営者のアウトソーシングへの期待は、経理業務のコストダウン
本業への集中業務の人材不足改善、などがあげられています。

最初のうちは、逆にコストが膨らんだ、ということもあるでしょう。
この場合、何年後にどれだけ効率化による経費を抑えられているかを検討する事も重要です。

業務には波があり忙しいときと暇なときがあります。
会社の外で、高い専門性を持った人たちに複数の仕事を忙しいときにだけ
こなしてもらう
ようにしていれば必ずコスト削減につながります。

どんな業務がアウトソーシングできるのか?
それは企業ごとに違うと思います。

実際に業務をアウトソーシングしている上場企業のお話だと
日々の業務や、単に数字を締めるといった業務は付加価値のある仕事ではないので
ほぼすべてがアウトソーシングできると考えている」とのことです。

もちろん上場企業なので
あらゆる業務が標準化、フォーマット化、システム化されている前提とはなりますが
この標準化、フォーマット化、システム化もすべてnoncoreでできます

ですから、アウトソーシングしようにも準備が億劫、という心配はいりません。
まずはご相談ください。

 

よりコア業務に専念し、仕事を取られるという認識ではなく実績をあげるために外に出す。
これが新しい企業のあり方となっているようです。

 

noncoreホームページ
https://noncore.jp/

 

ぜひnoncoreをご検討下さい

 

 

 

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*