経営・人事

企業がBPOを行うメリットについて

  • LINEで送る

売上貢献している業務=コア業務
売上貢献がなく、かつ経費を使う業務=ノンコア業務

という認識はもうされていることと思います。

しかし、まだまだノンコア業務=アウトソーシングするべきもの
という認識は少ないように感じます。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)つまり
「企業活動においてノンコア業務である人事、経理、総務などの業務を外部へアウトソーシングすること」です。

BPOせずにコア業務としていくため、自社で時間をかけて行っていくのも一つかとは思います。
しかし、端的に言えば、BPOとは企業にとって最も大切な「時間を買う事」であると割り切るべきです。

〇経営資源のコア業務への集中

〇業務の効率化、機能強化、継続性確保

〇事業展開早期化、総額コストの削減

確かにデメリットと思われるコストの外部流出であるというのは少なからずあるかと思いますが
その分時短や技術の面で、社内で行うよりもコストの削減になるということから
業務の効率化や、総額コストの削減というメリットがあげられます。

企業にとっても社員にとっても多くのメリットのあるアウトソーシングは
ぜひオンライン事務代行サービスnoncoreでご利用ください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*