経営・人事

人手不足の対策で生産性を上げる

  • LINEで送る

人手不足の深刻化の原因として二つの理由が多く挙げられています。
需要に対して供給が追いついていない、長時間労働の慢性化など働く上での環境整備ができていない
というものです。

こういった問題の対策としては
・ITツールの活用
・女性、高齢者、海外人材の活用
・業務のアウトソーシング

があります。

ITツールの活用

コミュニケーションツール

ChatWork、Messenger、Slackなどがあります。業務用LINEのようにメールよりもやりとりがスムーズで会話の見返しも簡単にでき、
タスク機能がついたものやビデオチャット機能がついたものもあります。

会計・経理ツール

freee、MFクラウド会計など、経理・会計の自動化、取引入力や仕訳の自動化時間を削減できるツールが作業時間の短縮に役立ちます。

女性、高齢者、海外人材の活用

以前は事務職希望の女性が圧倒的に多かったのですが、現在では職種に限らず、女性の活躍できる場所は広がっています。
海外人材も大卒の技術者等に関しては積極的に採用することが可能です。
また高齢者においても65歳の定年から年齢制限をなくす方向の流れになっています。
嘱託制度を含め、労働意欲のある高齢者の活躍の場を企業側が積極的に作り出していく必要があります。

業務のアウトソーシング

オンライン事務代行サービスを利用し、秘書業務やバックオフィス業務を担ってもらうことで
人件費削減やコア業務への集中を促すといったメリットがあります。
noncoreなら
出張のためのホテル・飛行機・レストランの予約や、メール対応、スケジュール管理、御礼状の作成などの秘書業務、
請求書・注文書の作成、決算書の作成、助成金申請用資料の作成、出荷・在庫管理などの経理業務、
セミナー資料作成、研修資料作成、求人原稿の修正や更新、セミナーや研修会場手配などの人材採用に関わる業務、
そのほかにも見積書作成などの営業事務や広告・ポスター作成などのコア業務もアウトソーシングが可能です。

重要なことはまず生産性を上げること。
社内で抱えている業務を精査し、より効率よく働ける環境づくりのためにもこれらの対策は重要になります。
人手不足という問題は社内全体をより良い方向に改善できる機会でもあります。
アウトソーシングはぜひオンライン事務代行サービスのnoncoreにお任せください。

それでは今日も一日頑張りましょう!!

  • LINEで送る

コメントを残す

*