noncore活用事例

スタートアップがまず考えるべきこと

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

新しい事業を始める時、まず何から始めますか?

事業のコンセプトから始まり、例えば商品やサービスの開発やマーケティングや広告・宣伝・資金や会計など考えることは多岐に渡ります。時間が足りないと言っても過言ではありません。

そしてその事業に、必ず付帯業務はつきものです。
各種書類の作成・移動や宿泊の手配・会議場の予約など多数ありますが、この一つ一つに特に専門的な知識は必要ありません。

確実に時間が取られる作業に対して、誰がしても問題ないことに時間を費やすのは無駄ではないでしょうか。

新規事業では、必要最低限の少人数で運営されるケースがほとんどです。
内部で行わなければならない業務以外は極力外部に委託することで、自分達の負担を減らせます。

そこで、必要な時に必要な分だけ気軽に依頼できる、オンラインの事務代行を活用してみてはいかがでしょうか。
誰がしても大きな差がない各種作業はまとめて代行してもらうのが、賢い新規事業のやり方です。

「本当に内部で行わなければならない業務」とは、あなたにとって何ですか?
外部に業務委託してもよいと判断しているのに、社内で抱えている小さな業務はありませんか?
事務や雑用に追われて、肝心の重要な業務が後回しになって困ってはいませんか?

noncoreはそんなお困りを解消できる環境づくりのお手伝いを致します。

「打合せに使う書類を作成する時間が無い」「会議室の予約を忘れていた!」など専属のアシスタントチームが、あなたの用途に合わせて営業・総務・人事・経理・秘書として活躍します。

 

noncoreご利用案内はこちら

noncoreへのお問い合わせ

「こんなこともできるの?」「一度試してみたい!」どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*