noncoreコラム

年末・年始の繁忙期を予防するには!?

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

今日で11月も終わり、いよいよ明日からは12月に突入です。
12月は「師走」と言われ、走るようにあっという間に過ぎ去ります。

それは通常の業務はもちろんのこと、年度末だからこその忙しさが加わるからではないでしょうか。
しかしそれをしょうがない…と諦めてはいませんか。

実は段取りが良いと言われている人は、仕方がないで片付けず平準化(分散)すればいいと考えます。
締め切りを分散させるだけで、ピーク時の忙しさを解消できるからです。

では、どういう予防が必要なのか?
月末や年末など、繁忙期のピークを緩和し、余裕を持って仕事をする「スケジューリング」のコツをご紹介いたします。

①多忙にならないために、締め切りを分散させる

可能な範囲で案件ごとに締め切りを分散させ、週単位で設定する

②先手を打って、3週間~1か月先まで予定を埋める

スケジュールの主導権を持つ事で、決める側に回り相手に振り回されない

③“無茶ぶり”を無条件に受けない

「うまい断り方」を知る
・誠意を示す(本当はやりたい!)
・事情を示す(でも出来ない…)
・代案を示す(替わりにこれはどうですか?)

もし「月末・年末のピークが忙しく、残業が当たり前になっている」なら、きっと改善できるでしょう。
繁忙期を迎える前にぜひ分散のコントロールを徹底的に行ってみてください。

noncoreにアウトソーシングしてみることも分散のコントロールに繋がります。
余裕をもった年末年始を迎えたいものです。

 

noncoreご利用案内はこちら

noncoreへのお問い合わせ

「こんなこともできるの?」「一度試してみたい!」どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*