noncoreコラム

この違い、わかりますか?

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

昨今、アウトソーシングやクラウドソーシングという言葉を耳にする機会が増えていませんか?

人手不足が深刻化している日本では、今盛んに生産性の改善が求められています。
これを解決するために、企業側や労働者はアウトソーシングやクラウドソーシングを取り組んでいますがこの違いを皆さまはご存知でしょうか?

アウトソーシングとは、業務を外部の専門業者などに委託すること。
これに対しクラウドソーシングは、依頼側が専門業者を選んで個別に発注するのではなく、インターネット上で不特定多数の人(Crowd)に業務を委託することを言います。

そしてこのどちらにもメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
アウトソーシング ・円滑なコミュニケーションが取れやすい

・高いクオリティの安定に対する安心感

・コストが高くなりがち

・求めるスピード感で進まない場合がある

クラウドソーシング ・低予算かつスピーディ

・土日祝に対応可能なケースが多い

・応募者が集まらない可能性がある

・返信が遅い、途中で連絡が取れなくなるなどのトラブルが発生しやすい

・相手がプロとは限らない

アウトソーシングとクラウドソーシングには、一概にどちらが良いとは言えません。

クオリティーや納品期日に対する安心感を求めるなら、やはりアウトソーシングのほうがオススメです。

きちんとした専門業者はセキュリティー対策もしっかりしているため、情報漏洩などの危険性も極めて低くなります。

一方、クラウドソーシングは、個人経営の店舗用のツールなど、クオリティーよりも金額感を重要視する際に使いやすいサービスと言えます。

noncoreでは、一般的なアウトソーイングのデメリットとされるコストやスピード感を限りなくメリットに近づけます。

もし、アウトソーシングにするかクラウドソーシングにするかでお悩みであれば、ぜひnoncoreをご検討ください

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*