noncoreコラム

4月より順次施行される「働き方改革」の具体的対応策とは!?

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

既にご存知の方も多いと思いますが、いよいよ4月から働き方改革により年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されることになりました。
企業は労働者に対して有給休暇の取得を働きかけるための制度を早急に整備する必要があります。

有給取得義務化が行われる背景として、もともと労働基準法では、労働者の心身のリフレッシュを図ることを目的として、一定の要件を満たす労働者に対して毎年一定日数の年次有給休暇を与えることが定められています。

この年次有給休暇は、原則として労働者自身が請求する時季に与えるものとされていますが、職場への配慮やためらいといった理由から取得する人が少ないという現状があります。

こうした状況を改善するために定められたのが、今回の有給休暇の取得義務化です。
有給休暇の取得を会社側から働きかけることで、労働者が有給休暇を取得しやすいようになるのがねらいです。

ではこれらに私たちはどう対応すればよいのでしょうか?
各法改正項目の適用開始時期は大企業と中小企業で異なりますが、今回は中小企業向け(大企業より時間的猶予が与えられている項目も多いです)の具体的対策を説明します。

「中小企業が優先的に対応すべき」2大項目として
①有給休暇を5日以上取得できる体制の整備
②「労働時間把握義務」への対応が挙げられます。

この解決策として、具体的には以下のことを行っていく必要があります。

1.業務効率化
2.有給休暇の計画的付与・半休制度活用
3.就業規則の見直し

ぜひ有効に、noncore事務代行サービスをご利用ください。
残業削減に・・・
人手不足に・・・
生産性を上げるために・・・

 

どうこれから社内の体制を変えていくかで、今後の会社の将来が決まります。

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*