noncore活用事例

いよいよ4月から始まる「働き方改革」に向けて準備することとは?

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

いよいよ2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されます。
既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、具体的には以下の通りです。

■時間外労働の上限規制の導入【施行:2019年(中小企業2020年)4月1日~】

時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定する必要があります。

では残業を削減するためには?生産性をあげるには?
実際どのようなことを進めていけばよいのでしょうか。

働き方改革は難易度が低く効果が高いことから着手するのが鉄則です。
そこで生産性を大きく向上させる”具体策”をご紹介します。

最初に着手していただきたいことは整理整頓です。

皆さんは資料など何かを探している時間が多いという事実にお気づきでしょうか。
ビジネスパーソンは探し物に年間150時間を費やしているという研究結果があります。

これは土日を除けばほぼ一ヶ月分に相当します。
この問題の解決策が整理整頓であり、数時間をかけて取り組めば「約一ヶ月分」がまるごと浮くことになるのです。

またこの整理した資料を電子化してしまえば、場所もスッキリ片付き必要な時にすぐ取り出せます。
「こんな簡単なこと…」と侮らず、すぐに取り掛かれることから始めましょう。

大変なスキャン作業は、ぜひnoncoreにお任せください。

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*