noncore活用事例

クライアント様の声【株式会社渕上ファインズ様】をご紹介します

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。
先日、noncoreのヘビーユーザーでいらっしゃいます渕上ファインズ様へインタビューに行って参りました。
今日はその様子を皆さまにお伝えしたいと思います。

■株式会社渕上ファインズ(取締役 西村 正樹 様)
コンセプトを持ったウェディングドレスショップとして福岡を拠点に全国・海外(約50店舗)に展開中。
「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」にて、 総合ランキング(従業員数300名位上1000名未満の部)と働き方改革部門の2部門でグランプリを受賞。

■共有方法
・スプレッドシート
・クラウドツールの共有
・メールアカウントの共有
・自社の業務フローを共有

■業務依頼
・採用メールの代行
・HP(採用ページ)の更新
・挨拶状の作成
・マクロ・関数を使った各種書類の作成

 

「アナログでやっているものを、どんどん変えていきたい。
 いずれは本社の人間を半数に…」

 

Q:他社との違いは?

A:主に3つありまして、1つ目は技術面、スキルが高いということです。例えば、先日お願いしたエクセルへの入力作業。
以前は他社にお願いしていたのですが、それと比べると他社は手分けして手入力していたんですが、今回(ノンコアでは)は、マクロと関数を組んでいただいて「おっ」と思ったことです。
ですので、コスト効率がすごく良かったり、(他社に比べると)納品していただくスピードが速くあがってきたことは非常にありがたかったです。

2つ目が、オフラインのやり取りができるところです。
以前役員就任の時にハガキの印刷をお願いしたんですが、そういったオフラインの対応を他社ではできないんですが、そこをお願いできるということ。
デジタルな物だけじゃなくて、そこまで対応していただけるところがありがたいです。

3つ目が、毎月の制限時間が無いということです。
ユーザー側からすると、使う時、使わない時の自由度が増して非常にメリットを感じています。

 

Q:ノンコアを使った感想・今後お願いしたいこと。

A:使った感想としては、ほんとに助かってます、というところが大前提で、特に今榊原とメインでサイトの所をやってもらっていますが実は一人雇うという話があったんです。
ただそうすると100%工数が使えないし、どういう人がくるかどうかもわからない。雇用にはデメリットが大きかったりするんですけれども、特にバックオフィスの業務ですので…
店舗でしたら、人入れたら売り上げが反映するんですが、バックオフィスですと簡単に共有するとちょっと怖かったりして…
今そこをほぼお願いしておりますので、そのあたりの雇用のリスクが減ったりするのはもちろん、(ノンコアの)スキルがあるので一から教えなくてもいいというのはありがたいなと思ってますね。

他(部署)での利用方法というと、経理の方が興味を持ってきておりますので、データ入力なのか具体的にはまだみえてないですが今アナログでやってるものをどんどん変えていこうかという話が出ています。
例えば今、パートさんがひたすら入力しているものをオンライン化できるように移っていければ、そういうパートさん達の雇用をしなくてよくなったりというところもできればなと思っています。

他には雇用リスクをあまり取らなくてよくなっていくんじゃないかなということを期待してます。
具体的には、本社の人間(バックオフィス)は極力今の半分にしたいなと思っています。
今40人ぐらいいるんですよね。みんなには「0にしたい」って言ってるんですけど、実際目標は半分ぐらいでそこの人たちを店舗の方に回すとか有期?雇用の人たちは(進まないんですけど)契約をとめていきたいと。
それをやりたい大元は今採用が厳しい時代なので、採用費・人件費とか待遇や基本給含めてそこをもっと上げていきたい。そういう体制に変えていきたいということを大前提として考えているので、バックオフィスの人件費を下げて、売上を上げてくれるところの人件費を高める。そうすることで採用とか定着率とかが良くなっていくんじゃないのかなという感じです。

 

本日はお時間をいただき、ありがとうございました。
今後もご満足いただけるようnoncoreスタッフ一同更なる向上に努めて参ります。
これまで同様ご愛顧くださいます様、よろしくお願い致します。

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*