noncoreコラム

オウンドメディアの運用はnoncoreで!

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。

いまやどの企業においても、オウンドメディアの運用は必須の時代となりました。
しかし、「運用して情報発信しているけど、効果が感じられない」「オウンドメディアを運用したいけど、自社にはスキルも知識もない」、などといったお悩みを抱えていらっしゃる企業も多いのではないでしょうか?

オウンドメディアを最適な方法で運用し、認知度アップや売上げ向上に繋がる成功手段の一つとしてアウトソーシングの活用が挙げられます。
アウトソーシングはクオリティの高い制作と継続的な更新が可能となるため、多くの企業で有効な手段となっています。

オウンドメディアを運用する目的は次の2点です。
①認知度の向上:ユーザーに必要な情報をオウンドメディアで発信することでユーザーがサイトに接触する機会が増え、商品やサービスを知ってもらうことができます。
②ファンの獲得:ユーザーに有益な情報をオウンドメディアで提供し続けると、ユーザーがサイトのファンになり、最終的には商品やサービスを利用する顧客に繋がります。

では、オウンドメディアの運用をアウトソーシングすることで生じるメリット、デメリットは何でしょうか。
【メリット】
1.コンテンツの定期的な更新:継続性がない場合、ユーザーがサイトを閲覧する回数は減少し、新規顧客・リピーターの獲得に繋がりません。
2.コンテンツのクオリティの高さ:専門的な知識とスキルを持つスタッフが制作を行うため、自社に最適で質の高いコンテンツの制作から運用までを行ってくれます。
3.ノウハウの補填:自社に不足している運用ノウハウを補うことができます。ノウハウが不足していると、オウンドメディアの運用がうまく回らず、成果を生み出さないコスト事業になる可能性があります。

【デメリット】
1.運用費が高い:質の高いコンテンツの制作や運用を依頼すると費用は上がるため、高くなる可能性があります。
2.自社の独自性が出せない:自社のオリジナリティが活かしきれないコンテンツになる可能があります。
3.ノウハウの蓄積ができない:自社で運用しないことになるのでノウハウの蓄積はできません。

このようにメリット・デメリットがありますが、デメリットにおいては必要な業務の一部をアウトソーシングしたり綿密な打ち合わせを行うことで解決できます。

ぜひ、オウンドメディアの運用にはクオリティと専門性の高いスタッフが揃っているnoncoreにお任せください。

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*