間接業務の外注化シリーズ

正社員の固定費について考えたことはありますか?

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の京田です。
最近、需要が増えてきたオンライン事務代行サービスですがその利用するメリットとは何だと思いますか?

メリットは大きく3つ挙げられます。
■固定費の削減
■労働生産性の向上
■幅広い業務を依頼できる

今日は、この正社員の固定費について考えていきたいと思います。
まず自社で雇用する場合、最初に採用のための採用広告費がかかります。
雇用後は給与・賞与のほかに交通費や各種保険料などの固定費が発生します。

また、スタッフのための席を用意するために事務所を借りたり、パソコンやモニターなどの備品も購入したりする必要もあります。
更に、教育のための研修への参加費、閑散期にはシフトを調整したりするなど、費用だけでなく時間や手間もかかってしまうことも考えられます。

そこで、オンライン事務代行の場合であれば依頼したい業務のみを発注でき、インターネット上のやり取りのみで完結できるため、これらの固定費がなくなるのです。

具体的な数字を用いて正社員・派遣社員の固定費と、事務代行サービス利用料を実際比較してみると以下の通りです。

【正社員の場合】
給与30万円、人件費は給与の1.5倍かかると仮定
固定費:45万円/月

【派遣社員の場合】
時給1,800円・1日8時間労働(月20日間の出勤)と仮定
固定費:28.8万円/月

【オンライン事務代行noncore】
時給2,500円・スポット利用で月70時間利用と仮定 ※プレミアムコースで計算
固定費:17.5万円/月(利用時間により変動あり)

 

つまり、オンライン事務代行を利用することで、単純計算で正社員よりも275,000円、派遣社員よりも113,000円もの固定費削減に繋がるのです。

ぜひこの機会にご検討されてみてはいかがでしょうか?
どうぞお気軽にお問合せください。

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*