業務効率化・働き方改革

業務効率化のコツ

  • LINEで送る

おはようございます。noncore事務局の峰松です。

さて、実際に「業務効率化」を取り組むにあたり、どのような部分を意識して臨めばいいのでしょうか?
「業務効率化」とは時間的・費用的なコストを下げ、リソース投入量を下げることを言います。
ムリ・ムダなどを排除し、より効率的に業務を遂行できるようにするための取り組みで、生産性向上や企業全体の業績を向上させる狙いがあります。

今回は、実際に業務効率化に取り組むにあたって、失敗しないためのコツをご紹介します。

■ビジョンを定め、共有する

まずは組織として「何を大切にするのか」、「何を目指すのか」というビジョンや方針を定めることが大切です。
ビジョンや方針がないと、優先すべきものや不必要なものの取捨選択ができず、有効な業務効率化が図れません。
その上でビジョンを共有し、組織全体で業務効率化に取り組める体制を作ることが大切です。

■現場の本音を「見える化」「言える化」し、業務を分類する

業務のムリ・ムダなどを洗い出すには、実際に業務を遂行する従業員が提案や不満を口にできる環境が必要です。
意識的にコミュニケーションを取り、「不要な業務はないか?」「費用をかけてでも改善が必要なシステムはないか?」などやりとりすることで、必要な業務と不要な業務を分類することができます。

■実現可能な体制を整える

実際の業務状況を無視して制度やシステムが先行してしまうと、社内の風土や実際の業務フローにおいて混乱が生じ、結局ムリ・ムダが増えてしまいかねません。
焦って動くのではなく、業務が効率的に行われる体制やフローを確立させた上で、業務効率化に取り組みましょう。

何事にもまずは準備が必要です、体制が整ったらぜひ業務効率化に取り組んでみではいかがでしょうか。

業務効率化にもアウトソーシングは有効な手段です。
ムリ・ムダをなくし快適な職場環境を目指すことが可能です。
noncoreはこのような問題を解決するお手伝いをいたします。
ぜひこの機会にnoncoreの導入をご検討ください!

 

noncoreご利用案内はこちら

  • LINEで送る

コメントを残す

*