経営・人事

「アウトソーシングと内製化」について

  • LINEで送る

最近は、事務作業、経理作業、システム構築、情報管理など、企業内のさまざまな業務をアウトソーシングする会社が多くなりました。各項目ごとに専門の企業に外注することで、自社雇用以上の業務領域の確保や効率化を可能にします。一方で同じ項目でも内製化を目指す企業もあります。
今回は、アウトソーシングと内製化の違いや、メリット、デメリットについて考えます。

アウトソーシングのメリット・デメリット

さまざまな形態で利用されるアウトソーシングですが、まずはメリットデメリットを揚げてみましょう。事案にもよりますが、社内で対応しきれない課題や問題を、専門家に依頼したり、反対に、誰でもできる簡単な仕事を外部発注することで業務効率を上げ、より大きな利益を上げるといったことが目的で利用されます。

メリット デメリット
専門的な知識を持つ人に依頼できる コスト高になる可能性がある
社員が別のことに特化できる 自社にノウハウが蓄積されづらい
業務を簡便化できる 外部の機関になるため意思疎通の不安がある
雇用によるリスクがなくなる

 

内製化のメリット・デメリット

内製化とは「アウトソーシングしていた業務を自社で行うようにする」という意味です。アウトソーシングで行える業務は実に幅広く、会計から法務、労務、システム設計、人材育成、果ては営業活動までアウトソーシングで賄っている会社も少なくありません。しかし、一方で業務の効率化と経費削減のために、これまでアウトソーシングしていた業務を、内製化するケースもあります。

メリット デメリット
コスト削減になる 社員のスキルに依存する
修正・変更等の対応が早くなる 思う成果を出せない場合がある
意思疎通が取りやすい 担当者の雇用が発生する

 

アウトソーシング?or内製化?

アウトソーシングするか、内製化するかを決める際は、まずその業務にかかるトータルコストについて考える必要があります。内製化のためにかかる人材コストと、アウトソーシングに出した場合のコストを比較してみましょう。また、業務の継続性や成果物についても検討する必要があります。

アウトソーシングであれば、業務が終了すればそれで終わりですが、人材を雇用した場合、その業務がなくなったからといって、雇用関係を終了するわけにはいきません。すでに雇用している人材でアウトソーシングをしていた業務を内製化する場合も、内製化は軽々に決めてしまうのではなく、求める成果を出せるか、コスト面で継続の見込みがあるか、必要な専門スキルはあるかなどについて、総合的に判断する必要があります。

状況に応じた使い分けを!

noncore事務局 <info@noncore.jp

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*