経営・人事

「顧問・相談役」の役割や活用について

  • LINEで送る

さまざまな会社で使われいる「顧問」という役職、その目的や活用方法は様々です。
今回は経営者や会社のブレーンである「顧問」の役割や活用について考えます。

顧問の役割とは?

一般的に「顧問」とは、専門的な知識を有し経験や状況に応じて経営者や意思決定者に助言や指導を行なう人の事を指します。内部から選任する場合、元役員や元上級役職者・元管理職などが担当します。また、外部から選任する場合、弁護士・税理士・会計士・社会保険労務士などの士業や、経営コンサルタントと契約を結び、専門的な助言やサービスを受けるケースもあります。

顧問と相談役の違い

「顧問」と「相談役」の役割や活用方法は似ています。一般的な使われ方として「相談役」はより名誉職的な意味合いが強く、元社長が事業承継のあと「相談役」となるケースや、より関係性を強くするため客先から迎えるケースなど、さまざまな使われ方をします。比較すると「顧問」は事案毎に具体的な助言や指導を行う実行的な役職とも言えます。

外部顧問のメリット

外部から選任する場合、弁護士・税理士・会計士・社会保険労務士などの士業や、経営コンサルタントと契約を結び、専門的な助言やサービスを受けることもあります。よく課題となる、コーポレートガバナンスやコンプライアンスの徹底もそうですが、より専門的な知識や経験に基づき助言や指導を受けられ、客観的な視点、第三者的な視点で社内とは違う意見や助言が受けられることがメリットとして挙げられます。

顧問の報酬

報酬は各社さまざまです。専任される経緯(社内であれば実績・貢献度・経験など)や助言受ける内容(専門性や関わり方)によって異なります。一般的には役員報酬より下がるケースが多いようです。外部から選任する場合は、契約内容や受けるサービス内容によって報酬が大きく異なりますが、正社員の雇用にかかる費用にくらべ月額顧問料が低いケースが多いようです。

noncore事務局 <info@noncore.jp

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*