経営・人事

「クオータ制」について

  • LINEで送る

役員や幹部職などの女性の割合を、あらかじめ一定数に定めて積極的に起用するクオータ制。女性の社会進出だけでなく、男女ともに働きやすく活躍できる社会づくりのきっかけにもなっています。

今回は、企業や政治などで導入されている「クオータ制」ついて考えます。

クオータ制とは?

クオータ制とは、政治において議員候補者の一定数を女性と定める制度のことです。安倍政権時の看板政策の一つであり「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が制定されています。2020年までに国会議員や民間企業の管理職の女性の割合を、30%以上にする目標を掲げていましたが、目標達成年限は「30年までの可能な限り早期」に繰り延べられました。
ノルウェーが発祥とも言われ、現地では法制化によって一般企業にもクオータ制を導入し、女性の社会進出が大きく進んでいます。

クオータ制のメリット・デメリット

まずメリットは、クオータ制を導入することで、今まで出産や育児などで敬遠されがちであった女性の積極登用を促すことで、企業における人材や働き方の多様化が見込まれます。労働人口減少や採用難などの対策としても考えられます。最近では、女性管理職も珍しくなく、出産・育児・介護などのライフイベントに対する支援を見直す企業も増えてきています。

一方でデメリットは、女性の出産や育児期にかかるコストや代替要員などの人員的な問題など、企業の負担として重くのしかかる現実があります。家庭の諸事情でキャリアダウンを求められるケースがよくあることもデメリットといえます。

環境整備に向けた支援

国では、こういった企業負担の軽減や女性の活躍を後押しするため、家庭と仕事の両立を支援する助成金や女性の積極採用に取り組む事業者への助成金などの施策を行っており、労働人口減少により、働き方改革や働く人材の多様性が求められる中、男女問わず安心して働き続けることができる環境整備が必要とされています。

ぜひ働きやすい職場環境づくりを!

noncore事務局 <info@noncore.jp

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*