オフィス業務の外注

精度の高い競合調査を実現。BPOなら最短1日でリサーチ完了!noncoreだからできること

  • LINEで送る
競合調査_BPO①

ビジネスのグローバル化、デジタル化が日々拡大していく中において、今、世の中は加速度的に変化を続けています。

市場の情勢も目まぐるしく変わる時代では、マーケティングリサーチ力が企業の命運を握ると言っても過言ではないでしょう。

マーケットに日々登場する新製品や、新サービスの情報に加え、競合他社がどのような動きをして、次なる一手としてどういう事業展開をしているのかをいち早くキャッチすることが重要になるのです。

もちろん、スタートアップとして会社を立ち上げる際や、新規事業の企画立案、マーケティングを考える際など、どの企業も競合リサーチを行っているとは思いますが、そのリサーチにしっかりと時間を費やすことができているでしょうか。

人材不足が叫ばれている昨今では、競合の調査に人員をさけていないという企業もあるでしょう。他方、個人事業主の場合は、日々の業務に追われて、十分なリサーチができないということもあるかもしれません。

競合リサーチの重要性についてはわかっているが、なかなか自社では満足のいく調査ができていないという方のために、ノウハウ不要で、最短1日で完結する、競合リサーチのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスをご紹介します。

 

競合調査の手段について

まずは競合リサーチをする際に、どのような選択肢があるのかについて解説します。

①自社で調査

まずは自社で調査するパターン。コストをかけることなく調査することができます。

しかしながら、ノウハウを持っている社員でないと、より正確な調査ができないケースや、日々の業務に追われて、競合の調査まで手が回らなかったというデメリットも考えられます。

②調査代行会社へ依頼する

競合他社について深く知りたいならば、調査の代行を専門とする会社に依頼するという手段があります。社員数や売上などの基本的なデータから、生産体制や地域別の売上傾向など詳細なデータまで収集することができます。

一方で、専門的な調査となるため、コスト負担が大きくなる傾向があります。

③BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)に依頼する

BPOとは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、ビジネスで発生する、総務や経理、人事など再現性のある仕事を外部事業者にアウトソーシングすることをいいます。

企業のコア業務ではない、バックオフィス業務を担うサービスですが、BPO提供会社にも競合調査の依頼をすることができます。

調査代行会社と比べて本格的な調査はできないこともありますが、短時間・ローコストで、必要な情報を抽出してくれます。

予算や必要な情報の種類に応じてサービスの使い分けをする必要がありますが、社内で人員を割いて作業しようと思っているのであれば、BPOサービスに依頼するのも良いかもしれません。

「売り上げが出ていないのに外注コストがかかるのはちょっと・・・」と考えている社長さんもいらっしゃるかもしれませんが、BPOサービスを利用することで、社内の作業効率は上がり、社員がコア業務に集中して取り組むことができるようになります。

生産性が上がれば売り上げにも繋がりますので、BPOを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

BPOを利用する前に準備しておくこと

競合調査_BPO②

BPOサービスを依頼するとなった場合には、まず依頼したい内容の整理をすることが重要です。どういう点に注意して整理すれば良いか、依頼前の準備についてまとめました。

1.何のために調査をするのか、社内で共通認識を確認する

調査依頼をする前に、社内で「この調査をすることでどういう結論を導きたいのか」という目的を確認しておきましょう。不明瞭な目的ではコストをかけて調査したのに全く意味がなかったという事態に陥るかもしれません。

例えば、競合他社の類似商品やその金額、ターゲットなどを調査して、自社製品の価格やプロモーションに反映するなど、目的を社内でしっかりと確認しておきましょう。

2.調査対象を決める

続いて調査依頼するターゲットを決めます。企業名まで絞り込んでいる場合は、そのリストを渡すだけで良いのですが、業種程度しか定まっていない場合は、どのくらいの件数を調査するのか、業界の中でもどんな企業を優先して調査するのかを決めておきましょう。

資本金の大きさ、エリア、業績を伸ばし続けている企業など、できるだけ詳細な条件を決めておくと、納品までがスムーズです。

3.調査項目を決める

調査対象が決まれば、次に対象からどのような項目を調べるのかを決めていきます。

競合が発売している商品の価格や商品概要であったり、競合サイトのPV数など、「何のために調査をするのか」という原点に立ち返りながら、必要な調査項目を設定しましょう。

 

競合調査も代行。即日対応も可能なBPOサービス「noncore」について

BPOを提供する会社は数多くありますが、その中でもオフィス業務代行サービスを展開する「noncore」は、業界でも唯一の強みを持つオフィス業務代行サービス会社です。

以下では「noncore」の特徴についてご紹介します。

特徴1:業界唯一! 利用期限なしが嬉しい3つのチャージ型プラン

アウトソーシングをする際に一番気になるのが、金額面。

1時間いくらの時間制だと、依頼内容によっては想定外の金額を請求されたり、また競合調査100件で何万円という発注をすると、追加で「もっとこういう調査をして欲しい」という要望に対応できないことがあります。

そこで「noncore」では、利用者の使いやすさを考慮して、チャージ型プランを用意。チャージした時間内であれば、競合調査だけでなく、様々な事務作業の代行依頼が可能です。さらに、利用期限も無しという、業界唯一のプランを提供しているのも大きな特徴です。

プランは3つからお選びいただけます。

①「20時間分チャージ」:70,000円(税別)

初めて利用する方におすすめのプラン。多くの競合リサーチが必要な場合には時間が足りないこともありますが、簡単な調査や、経理業務などの簡易的なバックオフィス業務を依頼するのに向いています。

②「120時間分チャージ」:330,000円(税別)

より件数の多い調査を依頼したい場合にはこちらのプランが最適です。競合調査は詳細まで把握できた方が、社内での活用に役立ちます。質も量もどちらも求めたい方には「120時間分チャージ」がおすすめです。

③「240時間分チャージ」:600,000円(税別)

競合のリサーチだけでなく、調査したデータをエクセルデータに落とし込み、グラフや表にまとめたり、分析をしたり、データの応用までを依頼したい際にはこちらのプランがおすすめです。余った時間は事務処理の依頼や、新商品発表のDM送信の代行など、様々な業務の代行依頼にご利用いただけます。

特徴2:打ち合わせ後、即対応。最短1日で納品も!

競合調査をBPOサービス会社に依頼するとしても、調査結果の納品までに1ヶ月もかかっていては逆に業務が進まなくなってしまいます。

「noncore」では、打ち合わせ後にすぐ業務に取り掛かることができるよう、体勢を整えています。一般的なBPOサービス提供の会社では、在宅勤務の社員が作業をします。そのため、窓口で対応依頼を受けてから、業務内容を振り分け、作業を行うまでにタイムラグが生じるのです。

しかし「noncore」では、全て内勤のスタッフが対応しています。打ち合わせ後すぐに作業に取り掛かることができるため、業界でも屈指の機動力が自慢です。

特徴3:スキルの高い社員だけが在籍。万全なサポートで対応!

「noncore」ではスタッフの採用時に、独自の採用基準を設けています。その試験をクリアした人だけを採用しているため、社員全員が一定以上の事務処理スキルを有していることで、お客様から届くあらゆる依頼にスピーディーに対応できているのです。

細かなところにまで気がつく、経験豊富なスタッフがチームとなって企業のお困りごとをサポートします。

特徴4:打ち合わせは30分無料! 気になることを何度でも問合せ可能。

一度の打ち合わせを終えてから、依頼した内容に変更が出たり、追加でお願いしたいことが出てくるというのはよくある事例です。

しかしながら、BPOサービス提供会社によっては、打ち合わせの都度、追加で料金を取られてしまうという場合があります。かぎりある予算の中で依頼をいただいている企業様に少しでも力になれるよう、「noncore」では業務に関する打ち合わせは無料(30分/回)で対応しています。

オンラインでも電話でも対応可能です。

オフィス業務代行サービスの「noncore(ノンコア)」の利用方法

事前準備が済んだあと、納品までの流れについてご紹介します。

1.無料相談に問い合わせ

依頼したい内容が決まったら、無料の相談に問い合わせを。担当のディレクターがお話を伺い、納期についてや、競合の調査方法の手段や内容、お客さまとの連絡ツールなど細かな部分を詰めていきます。

2.料金プランの決定

前述した3つの料金プランから利用状況に合わせてプランをお選びいただけます。依頼したリサーチにどのくらいの工数がかかるかは担当ディレクターに問い合わせをいただければお答えできますので、無料相談の際にご相談ください。限られたご予算に合わせて理想的なプランを提案いたします。

3.業務開始

料金プランが決まれば業務スタートです。希望の納品日までにリサーチしたリストを作成して納品いたします。内容によっては即日で対応できるケースもありますので、お急ぎの際でもまずは一度お問い合わせください。

 

「noncore(ノンコア)」は企業のコア業務を応援します!

競合のリサーチや顧客リサーチなど時間のかかる業務を社員スタッフだけで賄うのは、とても負荷がかかることです。特別なスキルを必要としない非属人的な作業こそ、アウトソーシングを活用してみてはいかがでしょうか。

仕事を振り分けることで、競合よりも先にスタートダッシュを切ることができ、より良いパフォーマンスを生み出すことができるはずです。

「noncore」はお客さまのマルチタスクをまとめてサポートする、実務経験が豊富なアシスタントサービスです。

今回ご紹介した競合リサーチの他、営業事務や総務、人事など多種多様な業務内容を各分野のプロフェッショナルが対応し、期限内に納品いたしますので、企業のお困りごとやお悩みごとがあれば、お気軽にご相談ください。

サービスを通じて、お客さまの業務改善をお約束します。

 

↓↓↓まずは資料ダウンロードから↓↓↓

伝票入力_外注_ノンコア③資料

  • LINEで送る