オフィス業務の外注

ライティング代行|BPOに依頼できるライティングの種類と会社選びのポイント

  • LINEで送る
BPO_ライティング代行001

企業のオウンドメディアが乱立し、情報が溢れている近年は、いかに顧客にとって良質なコンテンツを発信できるかがマーケティングの要となっています。

社内の人員を配置し、時間をかけて取り組んで見たものの、なかなか成果が出ずに悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?

ユーザーの興味をひき、コンテンツを読んでもらい、商品やサービスのファンになってもらうまでの記事コンテンツを制作するならば、プロのライターに依頼するのがスマートな選択です。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを提供している会社では、SEO対策を施した質の高いライティングを行っています。

ライターによってSEO対策が施された記事にすれば、より多くのファンを増やすことができるほか、社内スタッフが本来の業務に注力することができるため、売り上げの向上にも繋がります。

ここでは、アウトソーシングでできるライティングの種類や、代行会社の選び方について紹介します。

依頼できるライティングの種類

BPO_ライティング代行002

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスでは記事の作成はもちろん、その他さまざまなライティング業務も依頼することができます。

①オウンドメディアの記事の作成

代行会社に多く寄せられる依頼のうちの一つが、オウンドメディアの記事作成です。

キーワードや概要だけを伝えて作成を依頼したり、一から顧客のニーズやメディアの属性を見極めて記事制作を行ったり、場合によっては取材を行ったりと、企業の要望に合わせたライティングが可能なため、SEOを意識したコンテンツ作成を依頼することができます。

また、代行会社によっては、コンテンツの企画提案から、ワードプレスなどへの入稿作業、画像の選定まで請け負ってくれる業者もあります。

②SEOライティング

代行会社は、数多くのライティング業務をこなすプロフェッショナルです。SEOの対策を施したライティングは代行会社の得意分野ともいえます。

過去に制作した記事をSEO対策を施した記事へとリライトする作業も可能です。

③ECサイトの商品コピーや詳細内容の制作

ECサイトを作ってみたは良いものの、一つひとつの商品紹介を書いていくのが大変だと感じたことはないでしょうか?

商品紹介や商品コピーは、商品の売れ行きを左右する大事なポイントです。顧客の心を掴む文章の制作は社内で行うよりも、代行会社に依頼する方が得策と言えるでしょう。

膨大な商品数を扱う企業こそ、代行会社の利用によって社員の負担を減らすことができます。

④ブログやSNSの記事投稿

ブログ投稿はもちろんのこと、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSで使用する文章の作成や投稿を行います。

オウンドメディアと比較すると、SNSでは文字数は多くないですが、毎日投稿するとなると、どんな内容にしたら良いか、またどんな文章が顧客に刺さるのか、悩みの種になります。

マーケティングに強い代行会社であれば、SNSの特性やトレンドに合わせて最適な文章を提案、作成することができます。

⑤プレスリリースの作成

商品やサービスのローンチに欠かせないプレスリリース。

多くの人の目に止まるように、簡潔で、そしてしっかりと商品やサービスの特徴と魅力を伝える文章は、数多くの知識とノウハウを持つ代行会社だからこそ書くことができます。

⑥LP(ランディングページ)の作成

LPとは、ユーザーが最初に訪れる、商品やサービスに特化したページのことです。そのため、ユーザーの興味を引くキャッチコピーや、文章を書く必要があります。

代行会社では、商品やサービスの概要を伝えてもらうだけで、魅力的な文章へと昇華できます。顧客にアクションを起こさせるページを作成することができます。

 

ライティング代行サービス選びのポイント

代行サービスとしては、大きく分けると2種類です。

クラウドソーシングサービスを使って個人に依頼する場合

ライティングも請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス会社

どちらを選ぶか、またどの会社を選ぶかは以下のポイントを見極めてから決めるようにしましょう。

①実績の有無

個人の場合でも、代行会社の場合でも、どちらも過去の実績がどのくらいあるのかは依頼する際の一つの大きな指標となります。

依頼するライティングの種類を伝え、過去にどれほどの実績があるのか、どこまでなら受けてもらえるのかを確認しましょう。

②ライティングスキルの確認

マーケティングに特化したライティングを依頼する場合は、依頼先がどれほどのスキルを持っているのか、把握しておくことも重要です。

専門的な知識が必要なライティングを依頼する場合は、そのジャンルに対応できるかどうかなども事前に確認しておくと安心です。

③明瞭な価格設定か

ライティング費用は業者によって幅があり、「1文字5円」という設定をしているところや、1記事1万円の業者、時給制のところなどさまざまです。

価格だけを見て安いところに依頼してしまうと、マーケティングの知識がなかったり、経験が浅いライターだったというケースもあります。

かかるコストと、成果物のクオリティのバランスを見ながら、自社にとって最適な会社を選ぶようにしましょう。

 

高品質な記事にスピーディに対応。ライティング業務はBPOサービス「noncore(ノンコア)」

SNSの簡単な記事の作成から、オウンドメディアの記事作成など、企業が抱えるあらゆるライティング業務をサポートできるのが、オフィス業務代行サービスを展開するnoncoreです。

マーケティングに強いライターが、企業の要望に合ったライティングをスピーディーに対応します。

以下では、BPOサービスnoncoreが選ばれる理由についてまとめました。

理由1.業界唯一! 利用期限なしのチャージ型料金プラン

「1文字5円」「1記事1万円」のプラン設定をしているBPOサービスの提供会社に依頼した場合、「クオリティを追い求めた結果、文字数が増えてコストが嵩んでしまった・・・」というのは頻繁に起こる事例です。

一度や二度では良いかもしれませんが、予想以上のコストがかかるということが何度も続けば、企業にとっては大きなダメージにもなりかねません。

そこでnoncoreで採用しているのが、利用期限なしのチャージ型プランです。業務内容によって選べる3つのプランを用意しています。

時間内であればライティングの他に、ワードプレスへの入稿作業や、ECサイトの商品登録作業、SNSへの投稿作業なども依頼いただけます。

①お試しで使うなら「20時間分チャージ」:70,000円(税別)

BPOサービスを初めて利用するという方や、まずは1つ記事を書いて欲しいなど、作業量が少ない場合におすすめのプランです。まずはお試しでご利用ください。

②定期的な記事更新を依頼するなら「120時間分チャージ」:330,000円(税別)

毎月決まった数のオウンドメディアの記事更新や、毎週SNSを更新するなど、定期的なライティング業務が発生する場合は、120時間のプランがおすすめです。

③事務作業もまとめて依頼するなら「240時間分チャージ」:600,000円(税別)

noncoreでは、総務や人事、経理などバックオフィス業務のサポートも行っており、チャージの時間内であれば、さまざまなオフィス業務をサポートできます。色々な業務をアウトソーシングし、業務改善をしたいと考えている企業の方にも最適です。

理由2.最短翌日納品が可能!

初回にディレクターと打ち合わせをしていただいた後、ディレクターが依頼内容に合わせて最適なスタッフをアサイン。チームですぐに作業に取り掛かります。

急ぎのプレスリリースのライティングや、オウンドメディアの記事ライティングなどもお任せください。

また翌日の納品が希望といった場合は、事前にライティングの資料や掲載媒体、ターゲットなどを明確に伝えていただけると作業がスムーズに行えます。

理由3.業務に関する打ち合わせは無料で対応(30分/回)

BPOサービスを提供している会社では、業務内容の打ち合わせをお願いする度に料金が加算されていく場合もありますが、noncoreでは、無料で対応(30分/回)。

ライティングの内容を変更したい場合や、追加で依頼したい場合など、業務に関する打ち合わせであれば電話やオンラインミーティングで対応しています。

理由4.情報漏洩の防止を徹底!

ランディングページやプレスリリースを制作する際には、企業の機密情報を扱うことがあります。アウトソーシングを利用する際には、情報漏洩のリスクが大きなハードルとなると思いますが、noncoreでは、安心して業務を依頼していただけるよう、契約時にNDA(秘密保持契約)を交わしています。

また、業務は全て内勤のスタッフが担当し、情報の取り扱いに細心の注意を払いながら作業に取り組んでいます。

 

ライティング依頼の流れ

noncoreにライティングを依頼し、納品されるまでのフローをまとめました。

1.無料相談

自社コンテンツに合うライティングができるかどうか、まずはお問い合わせください。

noncoreでは経験豊富なスタッフがさまざまなジャンルのライティングをサポートしています。どのようなライティングを求めているのか、どういった成果を希望しているのか、担当のディレクターにご相談ください。

2.料金プランの決定

希望通りのライティングができそうだと判断いただいた場合は、契約へと移行します。

3つの料金プランから最良なプランをお選びください。どのプランを選べば良いか迷う場合は、担当のディレクターよりご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

3.ライティングの開始

ご準備いただいた資料(ワードデータや紙ベースのものでも構いません)を元に、noncoreのライターがライティングを進めます。

追加で記載して欲しい内容や変更点が出てしまった場合も、都度対応可能ですので心配はいりません。企業様の良きパートナーとして、成果が期待できる記事のライティングを行います。

4.納品

記事の制作を終えると、社内でチェックした後に納品となります。

プランのチャージ時間が余ってしまった場合などは、他の記事の制作や、社内で作成した記事の校正作業、記事の投稿作業などもご依頼いただけます。オフィス業務に関することでしたら、対応可能ですので、どんな要望もまずはご相談ください。

 

企業のお困りごとを解決するBPOサービスは「noncore(ノンコア)」

情報過多の時代において、ユーザーの目に留まるコンテンツ制作をすることは企業にとって重要な業務の一つです。だからこそ、プロにライティング依頼をすることが効果的であるといえます。

アウトソーシングをすると、どうしてもコストに目がいきがちですが、実は社内業務の効率化や、社員が本来のコア業務に集中して取り組むことができることで売り上げがアップしたという事例もあります。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを展開するnoncoreは、さまざまな企業のバックオフィス業務のサポートを担当しています。SEO対策を施した記事制作はもちろん、そのほか社内で困っているオフィス業務があれば、ぜひお問い合わせください。

 

↓↓↓まずは資料ダウンロードから↓↓↓

伝票入力_外注_ノンコア③資料

  • LINEで送る