オフィス業務の外注

求人登録とリサーチを代行し、採用スピードと確度をあげる! RPOサービスはnoncore

  • LINEで送る
  • 採用が上手くいかない
  • 採用のノウハウがなく、どのサイトを使って募集したら良いかわからない
  • 応募が集まる同業他社との違いが何かわからない

このような悩みを抱えている企業の方に、最近注目を集めているサービスが、RPO(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)サービスです。

RPOとは、採用活動にまつわるあらゆる業務を企業に代わり行うアウトソーシングサービスのこと。採用活動には、求人票や求人サイトの登録から、応募者からの電話、メール、問い合わせの受付、面接の日程設定など、さまざまな工程が必要になりますが、それら全て、または一部を企業に代わって行うことで、企業側のリソース不足を解消することができます。

今回はRPOの中でも、採用活動の肝となる「求人登録」のRPOについて解説していきます。

 

RPOサービスで求人登録するメリット

ECサイト_アウトソーシング②

RPO(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)サービスを使って、求人登録をすることにどんなメリットがあるのか、そのメリットについてまとめました。

メリット①:成功率が上がる、採用の最適解を提案

RPOでは採用や人事業務に長けたプロフェッショナルが対応します。

求人サイトや求人誌、チラシなど数多くある採用チャネルから、どのチャネルを選ぶのが企業にとって最適か、また欲しい人材や求人の内容を伝えるだけで、最適解を短時間で導き出してくれるほか、トレンドに合わせた採用方法なども提案してくれるため、採用の成功率をあげることができます。

これにより、社内に採用のノウハウを蓄積をすることもできるのもメリットと言えます。

メリット②:採用マーケットのリサーチができる

同業他社と比較し、自社の採用がうまくいかない場合は、給与や、待遇、福利厚生、勤務時間、残業時間等々の条件が劣っていることが考えられます。

そのため、求人を行う際は同業他社がどのような募集条件で掲載しているのか、比較検討をすることが必要です。しかしながらマンパワーが不足している会社では、しっかりとリサーチができないままに採用募集を出しているところがほとんど。

RPOでは、他社の募集条件の比較を行った上で、企業にとってベストな募集要項を一緒に作り上げることができます。

メリット③:採用担当の負担を軽減

採用担当を自社で抱えている企業もありますが、年に数回しか採用活動を行わないという中小企業は人事や総務の担当者が採用担当も兼務していることが多いようです。

そうした場合、通常の業務に加え、求人サイトの管理や登録、応募者からの問い合わせの対応、面接の調整などさまざまな業務を行わなければなりません。プラスアルファの業務は、ついつい後回しになりがちですよね。

RPOサービスを利用すると、すぐに採用業務に取り掛かることができ、一度対応方法についてレクチャーを行えば、2度目、3度目は仕事の依頼を投げるだけでスムーズに業務を進行してくれます。

担当者の仕事量が減り、通常のコア業務に集中して取り組むことができるのは大きなメリットです。

 

RPOサービスで求人登録するデメリット

一方でデメリットはどのようなものがあるのか、以下にまとめました。

デメリット①:コストが掛かる

RPOサービスの提供会社は、専門性に長けたスタッフが対応し、採用に関する豊富な知識を持っているため、サービスを利用するには、社内でまかなうよりもコストが高くなる可能性があります。

社内リソースの課題と、コストの問題とのバランスを見ながらどちらが良いかを選択する必要があるでしょう。

メリット②:RPOサービスの提供会社の能力の差がある

RPOサービスは、まだ新しいサービスです。そのため、サービスを提供している会社によっては、まだ業務の実績やノウハウが少なく、期待する効果が得られないケースも少なくありません。

求人の登録も、ただ企業に言われた通りに登録を進める会社と、それだけではなく知識と経験を元により良い提案をしてくれる会社とがあります。どちらが良いかは明白ですよね。

代行会社がどのくらいの実績を持っているのか、サポート体制はどうなっているのか、しっかりとヒアリングした上で、依頼するようにしましょう。

メリット③:情報漏洩の可能性

求人募集の内容など人事に関する情報は、今後の事業展開など機密事項に関わることもあります。

外部のサービスを利用するとなれば、それらの機密事項が外部に流出してしまうというリスクが考えられます。秘密保持についてしっかりと信頼できるRPOサービスの提供会社を選ぶことが必要です。

 

豊富な実績と安心の価格帯が魅力! RPO・BPOサービス「noncore」

人事だけでなく、総務や営業、経理、広報などあらゆるオフィス業務を代行するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを展開する「noncore」では、RPOサービス利用時に考えられるデメリットを解消し、企業にとってより良いパートナーになるためのサービスを展開しています。

業界唯一のチャージ型料金プランで追加料金の心配が不要!

RPOやBPOサービスを提供する会社では、料金プランが時給制や月額制がほとんどです。そのため、求人登録を行うチャネルが多い場合や、リサーチする会社の数が多い場合などは時給制となると、思わぬ出費となってしまうことがあります。

一方月額制を選択してしまうと、今月は仕事量が少なかったのに多く支払いをしなければならないということにもなりかねません。

そこで、「noncore」では、チャージ型のプランを採用しています。以下3つのプランから業務内容に応じて選んでいただくことができます。

例え月内中に使い切らなかったとしても、問題ありません。「noncore」のプランは利用期限なしとなっていますので、年度をまたいでもご利用いただけます。

①初めての求人登録に!「20時間分チャージ」:70,000円(税別)

初めて利用する際におすすめな20時間プラン。求人登録の数が少なく、リサーチもほとんど必要ないという場合はこちらのプランで十分対応することができます。

②しっかりリサーチの上、採用活動をしたい方に!「120時間分チャージ」:330,000円(税別)

同業他社のリサーチをしっかりと行い、分析をした上で、求人登録を進めたい方はこちらのプランを。時間が余ってしまった場合には、次の求人募集を行う際に使うこともできます。

③その他オフィス業務もまとめて依頼するなら!「240時間分チャージ」:600,000円(税別)

求人登録やリサーチの業務だけでなく、営業や広報などその他バックオフィス業務もまとめて依頼するならばこちらのプランがお得です。業務改善を考えている企業さんはぜひ一度お試しください。

オフィス業全般の支援実績を元にした採用活動

「noncore」はRPOサービスだけでなく、見積書の作成や、ECサイトの運営、ライティング、伝票入力など、さまざまなオフィス業務の支援を行っています。そのため、企業が抱える課題を採用分野だけでなく、あらゆる方面から支援します。

もちろん、業務はそれぞれの専門性に長けたスタッフが担当し、採用ニーズに合わせた戦略を的確に策定し、実行します。

30分無料の打ち合わせ後に、すぐに採用業務を開始!

「noncore」では、企業の専任の担当者と打ち合わせ後、内勤のスタッフでチームを組んで、すぐに作業へと取り掛かります。そのため、自社で採用担当者を新たに雇用したり、通常の業務に追われながら採用活動を進めるよりも早く業務を開始することができます。

また、業務に関する打ち合わせは無料(30分/回)で対応しています。

BPOサービスの会社では、打ち合わせを行うたびに課金となる場合もあるのですが、突発的な業務の変更や追加にも対応できるよう、「noncore」は無料の対応を行っています。

秘密保持も安心

デメリットでも挙げた、情報漏洩のリスク。企業の機密事項にも繋がる採用業務を行う際はもちろん、その他個人情報等を扱う際、「noncore」ではNDA(秘密保持契約)を交わしています。

また情報漏洩でよくあるケースは、Wi-Fiなどを経由したウイルスによるものですが、「noncore」は内勤のスタッフが業務を担当するため、その点も安心してご利用いただけます。

「noncore(ノンコア)」ご利用の流れ

「noncore」でRPOサービスを利用いただく際の流れをまとめました。

1.無料相談に問い合わせ

担当のディレクターがお話を伺い、採用のフローや、求人の情報を確認。リサーチを行う場合は、リサーチする同業他社のリストの有無や、リストがない場合にはどうやって業者を絞っていくかなど細かな部分まで打ち合わせを行います。

2.料金プランの決定

3つの料金プランから、料金プランをお選びください。企業様の課題に合わせて、担当ディレクターから最適なプランの提示も可能ですのでご相談ください。

3.求人登録・リサーチの開始!

料金プランが決まれば、社内でチームを組成し、求人登録の業務を開始します。求人広告の原稿制作や、同業他社のリサーチのほか、掲載する媒体の調査、分析、リサーチも要望があれば対応いたします。

4.業務完了!

無事に求人登録が済み、採用が開始になれば業務が終了となります。引き続き応募者からの連絡の対応や、面接日時の設定、応募者の管理などの業務も承ることができますので、必要に応じて担当のディレクターにご相談ください。

 

採用の成績を上げるなら「noncore(ノンコア)」

昨今は採用の方式も多角化し、戦略を持って活動を行わなければ、良い人材を獲得できない時代になってきました。

必要な人材を効率よく採用するためにも、採用に関しての知見を持つプロフェッショナルに依頼するという選択を取ってみてはいかがでしょうか。

オフィス業務のアウトソーシングを行う「noncore」では、トレンドに合わせた最適な採用方法を提案します。成果が出る手法で企業の採用業務をサポート致します。

また、併せて人事や広報など、あらゆるオフィス業務の支援も行っていますので、まずは企業が抱える業務の課題についてお聞かせください。

貴社の業務負担を軽減するプランを提案し、良きパートナーとして事業の運営をサポートいたします。

↓↓↓まずは資料ダウンロードから↓↓↓

伝票入力_外注_ノンコア③資料

 

 

  • LINEで送る